前へ
次へ

肝斑治療を受けて気になるお肌の悩みを解消しよう

肝斑を治療したいけれど何科を受診したらいいのかわからないときは、美容皮膚科を選ぶとよいでしょう。
美容皮膚科は様々なお肌のトラブルに対応していて、もちろん肝斑治療も行っています。
美容皮膚科では、外用薬や内服薬の他、レーザートーニングを使って肝斑治療を行うことが多いです。
肝斑は少しの刺激でもメラノサイトが活性化しやすくなるため、通常のレーザー治療では悪化させてしまうと言われていました。
その点、レーザートーニングを使えば、広い範囲に低いパワーのレーザーを均一に照射できるため、メラニン色素を穏やかに除去できます。
もちろん、お肌へのダメージも最小限に抑えられるため、安心して肝斑治療が受けられます。
ちなみに、レーザートーニングは痛みがほとんどなく、かさぶたなどタウンタイムの心配もありません。
施術後はすぐにメイクができますから、電車で帰宅する人も安心です。
肝斑の状態によっては、外用薬と内服薬を取り入れながらレーザートーニングを行う場合もあります。
専門医が症状を診た上で判断してくれますので、まずは気軽に相談に行ってみるとよいでしょう。

Page Top