前へ
次へ

友人がクリニックを受診して肝斑治療を始めました

同じ年齢の友人が、美容皮膚科クリニックで肝斑治療を受け始めました。
妊娠をきっかけに肝斑が気になるようになり、スキンケアなどをしても改善しないのでクリニックを受診したと言っていました。
どのような治療を受けているのか聞いたみたところ、トラネキサム酸の内服薬とハイドロキノンの外用薬が処方されたと教えてくれました。
ドクターのカウンセリングを受けたところ、トラネキサム酸を内服することで肝斑が改善しやすくなるという話を聞き、治療を始めることにしたそうです。
また、友人がお世話になっているクリニックには、肝斑治療ができるレーザー機器も導入されているようです。
内服薬と外用薬を指示通りに使っていても大きく改善しない場合は、このレーザー機器を使って弱いレーザーを照射する治療を始めると言っていました。
ちなみに、肝斑治療は自費診療になるため、ハイドロキノンの外用薬だけで3000円ほどかかるそうです。
でも、化粧品では改善できない肝斑が適切な治療で改善できることがわかり、友人はとても喜んでいました。

Page Top